不動産投資って本当に儲かるの?

不動産投資は、従来は資産家層が多額の資産の一部を投じてマンションなどを賃貸に出すスタイルが主流でしたが、近年ではサラリーマンなど勤労者向けに、アパートやマンションの一室から始める不動産投資も普及しています。

これが実際に儲かるかどうかは、まさに玉石混交というのが実態ですが、本来の不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンで、長期的には比較的安定したものです。
ただし、株式や債券などと違い、市場でいつでも換金出来るわけではない点に注意が必要です。
いわゆる出口戦略が必要になる資産の一つです。

また、結果的に儲かるかどうかは、物件の良し悪しと共に、その物件をどれだけ安く購入したかで決まってきます。
購入時にローンを組む場合には、その時の金利情勢にも左右されます。
したがって、比較的景気が悪い時に始めるのが良い投資種類だとも言えます。景気が悪くても、人が家を借りなくて良いことにはならず、賃貸住宅の需要はそれほど景気の変動の影響を受けません。

また、安く買った物件であれば、最終的に物件を手放すときに価格が下がってロスが出ることも防ぎやすくなります。
不景気の時は、物件の購入価格や金利が低くなることが多いため、長期的には有利になることが多いと言えます。

とはいえ、どんなに安く購入しても空室になってしまえば利益が生まれません。
今後は、人口の減少が進みますので、空室リスクを考慮し、立地などに注意して物件を選ぶことが今まで以上に大切になります。

いまバイナリーオプションが注目されているらしい株取引入門