NISAって一体なに?

NISAというのは、今年の1月から始まった少額証券投資非課税制度のことです。
今年1月からは証券投資に掛かる税率が、以前の10%から20%に増額されました。
そのため、投資家の証券市場離れが懸念されたため、NISAが新たに導入されるようになっています。

NISAは個人投資家を対象として、年間で100万円までの証券投資に関する税金がゼロになる制度です。
通常は株式などを購入すると、配当や売却益に対して税金が掛かってくることになります。

しかし、非課税制度を活用すると配当や売却益の税金がなくなるメリットが出てきます。
現在の制度では、年間100万円の非課税枠を5年続けられることが決まっています。
そのため、合計で500万円までの証券購入で非課税にすることができます。

また、年間100万円までの非課税枠は、最長で10年間の非課税を受けることが可能となっています。
そのため、制度を最大限有効に活用するためには、株式などを購入したら長期で保有することが必要となります。

この制度では個人投資家の資産運用を促進するために創設された目的があることから、長期運用に適した制度設計になっています。
長期運用を前提としているために通常の証券口座とは違って、損益通算が行えないことに注意をする必要が出てきます。
損益通算ができないことから、株式などの購入では含み損を出さないことが重要となっています。
できるだけ含み損を出さないようにするには、複数に分けて購入を行っていくことが大事となります。

いまバイナリーオプションが注目されているらしい